中学校生活、がんばりません!

春休みもおわり、入学式も雨の中でしたが無事終わりました。一週間過ぎ、気が張って疲れがたまったのか、体調を崩してからの復活。忙しい2週間でした。


光栄なことに、娘が対面式の新入生代表のあいさつを任されました。

春休みの入学前の新入生登校日に呼び出され「300字程度であいさつ文を考えてきてくださいね」と。

 

さあ大変!何を言えばいいのか。

現代っ子らしく、ネットで“対面式 新入生 挨拶”などで、検索してみるわけですよ(笑)

でも結局使えそうな文は、最初の一文だけでした。

《言葉にしたことは実現される》ということを学んだ娘は、

「(期待と)不安でいっぱいです」なんて言えないし、「頑張ります!」なんて言ったら、変に力が入りすぎて実力が発揮できないんだよね~と。

 

子ども未来がっこう的な、対面式のあいさつ文を書きました。

 

学校の公式サイトの行事のページに、“前向きな言葉 by 新入生代表”というタイトルを付けて挨拶している様子を載せてもらっています。

 

来年の新入生代表のあいさつを任された人たちのために、

“対面式 新入生 挨拶”で検索した時に、ここにたどり着いてくれると嬉しいなという気持ちも込めて、全文を紹介します。

 

【対面式 新入生代表 あいさつ】例文

 

今日は、私達新入生のために、このような素晴らしい対面式を開いてくださり、ありがとうございます。

これまで、学び親しんできた小学校を卒業した私達は、おととい、この○○中学校へ入学することができました。

これから始まる新しい生活に、期待で胸を膨らませています。

なぜなら、私は、学校見学に足を運び、楽しそうな先輩方の姿を見るたびに、この仲間に入りたいと思っていました。

その願いが叶い、今、とてもうれしいです。

新しく出会った仲間達と共に、先輩方をお手本とし、○中生として中学校生活を全力で楽しみたいと思いますので、先生方、先輩方、これからよろしくお願いします。