思考の共有

~日々の思いを伝えるブログ~



中学校生活、がんばりません!

春休みもおわり、入学式も雨の中でしたが無事終わりました。一週間過ぎ、気が張って疲れがたまったのか、体調を崩してからの復活。忙しい2週間でした。


光栄なことに、娘が対面式の新入生代表のあいさつを任されました。

春休みの入学前の新入生登校日に呼び出され「300字程度であいさつ文を考えてきてくださいね」と。

 

さあ大変!何を言えばいいのか。

現代っ子らしく、ネットで“対面式 新入生 挨拶”などで、検索してみるわけですよ(笑)

でも結局使えそうな文は、最初の一文だけでした。

続きを読む 0 コメント

ばかげた方法でフクロウを飼う話

娘が「フクロウを飼いたい」と言ってきた。

 

実は5年生のはじめに受験を決めた時から、合格祝いはフクロウを買ってもらおうと思っていたらしい。

ハリー・ポッターが大好きなので、フクロウが欲しいんだそうだ。

飼ったら「凰瑠」って、ちょっとヤンキーみたな名前を付けるんだ♪って、嬉しそうに言っている。

 

なぜ今まで言い出さなかったかというと「ダメだって言われるのが分かっていたから」。

 

なぜダメか。無理だから。

なぜ無理か。場所や金銭的な面など、いろいろ理由はあるが、その中でも一番は、フクロウは肉食だからだそう。

フクロウは可愛いけど、餌がかわいそう。きっと補食シーンは見ていられないと思う。

 

 

先日読んだ本に「フレームを変えて問題を捉え直すには、思い切りばかげたアイデアを出す」というのがあった。

 

解決するのに最悪と思われる案を出して、どうすればそれが実現できるのかを考える。

そうすると、斬新な解決策が浮かんでくるという。

何か解決策を考えるときに、たいていは「できそうなこと」や「成功経験のある方法」を考えると思う。

そうすると、確かに解決できそうな案は出てくるかもしれないが、新しい発想にはつながりにくいのかも。

 

そこで、娘に「フクロウを買うのに、一番無理そうな方法を考えてごらん」と投げてみた。

続きを読む 0 コメント

やりたいことが見つからない理由は何?

みなさん、溶接は好きですか?

 

子ども未来がっこうでは、

「誰もが才能を持って生まれてきている」

「才能 = 強みとは、そこにワクワクやエネルギーが湧いてくることが条件」

「親は、才能を見つけて伸ばすサポートをしてあげて欲しい」というお話をしています。

 

先日の親子クラスで、こんな質問を受けました。

「子どもがあまり何にも興味を示さない、やりたいことがない時は、どうしたらいいのでしょう?」


続きを読む 0 コメント

がっつりからむだけがコミュニケーションなのか?

先日、ある新聞の投書が話題になりました。

 

うちの娘も休み時間は一人で本を読んでいたい派。ちなみに母は、わいわい喋っていたい派。

 この記事について、娘と話してみました。

 「この先生は、人と一緒にいるのが好きだから、こう言うんだろうね。

いるよね、ドッジボール大好きな男子とか。私は読書大好き女子。

それと、この先生、“今すぐ続きを読みたい!”っていうくらいの本に会ったことがないのかもね。」

  

休み時間に本を読んでいる理由は【本が大好きだから】。

でも、それだけではないらしい。


続きを読む 2 コメント

日々思うことを伝えたい

今日からブログをはじめました。

 

子育てをしていると、予想外の発見が感動がありますね。

それは決してすべてがポジティブな訳ではなく、見たくなかったことも目にすることもあるでしょう。

でも実は「イヤなこと」があるわけではなく、「イヤだと感じる心」があるだけ。

視点を変え、視野を広げる・深めることによって、子どものことも自分のことも理解でき、イライラも軽減して気が楽になる。

子育ての毎日が、一番楽しい学びの場だと思える小さな“ヒント”を投げかける場として、このブログが誰かのお役に立てればいいかな、と思います。

0 コメント